プロフィール
島谷洋幸(國崎真広)
島谷洋幸(國崎真広)

【生年月日】
1988年10月12日生

【出身地】
兵庫県相生市

【趣味】
ドライブ・ショッピング・釣り・温泉巡り...他


『独学』ながらもプロの世界で邁進し続ける、新進気鋭の津軽三味線奏者で、古典の世界では極めて珍しい逸材である。



14歳より『独学』で津軽三味線の奏法や楽曲などを身に付け、伝統を重んじながら独自の演奏を築き、津軽三味線全国大会において多数の賞を獲得するなど、その『才』が認められている。


現在は地元のみならず、全国、海外へと活動拠点の場を展開し、プロの津軽三味線奏者として活動する傍ら、歌(演歌・民謡)も得意としており、『歌える三味線プレイヤー』をキャッチコピーに自慢の歌声も披露している。



※このブログでは、投稿記事に対してのコメントは一切受け付けておりません。

※ご意見やご要望・出演のご依頼等は、ブログ内にある『応援メッセージ』よりお問い合わせ下さいますよう、お願い申し上げます。


応援メッセージはこちらから
過去ログ

2019年05月21日

☆大満足


アクセスありがとうございます(◍•ᴗ•◍)ゝ


長年愛用している雪駄の踵部分がすり減り

金具が取れかかっていたので

お仕事のご依頼から着物の仕立てまで...

大変お世話になっている啓明商事さんに

修理をお願いしました。





↑↑テクタと言う三角の形をしたもの。

鉄で出来ていて、雪駄を履いて歩いた時に

"チャラチャラ"と音を出してくれているのが

まさにこの子、雪駄の命なのです(o'ω'o)ノ


が、草履屋さんも年々減っているみたいで

鉄製のテクターは製造中止になったらしく

現在はアルミ製なのだとか(・・?


とりあえず啓明商事さんにお任せし

楽しみに待っていたら...





届きました♡

トカゲの革で作られた一品!

修理に出す意味がお分かり頂けたでしょ?笑


で、肝心の踵部分は...





テクタ型から馬蹄型になりましたが

もちろん、安いアルミ製ではござらぬよ(笑)

馬蹄が片足に4つずつ打たれています!


実はこの打ち込まれる金具の数(材質)は

雪駄の価値によって変わるんだよ(^w^)

(職人さんが言っていたので確かです)





例を挙げると、こちら↑↑

市販のごくごく一般的な雪駄は

馬蹄は2つ、鉄鋲は4~5本打ちが主流です。


"良い雪駄"のご購入をお考えの方...

ぜひ参考にして頂ければと思います(◍•ᗜ•́)✧


てか、このご時世

雪駄を買う人なんて...

まずおらへんかっ(๑˙―˙๑)笑



ひろ☆ゆき


Posted by 島谷洋幸(國崎真広) at 10:54