プロフィール
島谷洋幸
島谷洋幸

【生年月日】
1988年10月12日生 満29歳

【出身地】
兵庫県相生市

【趣味】
ドライブ・温泉巡り


古典の世界では極めて珍しい、『独学ながらもプロの世界で邁進し続ける』津軽三味線奏者。


14歳より『独学』で津軽三味線の奏法や楽曲などを身に付け、伝統を重んじながら独自の演奏を築き、津軽三味線全国大会において多数の賞を獲得するなど、その『才』が認められている。

底抜けの明るさと、笑いを誘うトークは人々を魅了し、豊かな感受性から紡ぎ出される音色は、聴く者の心に景観をも魅せる。


現在は地元のみならず、全国、海外へと活動拠点の場を展開し、独学の津軽三味線奏者として活動する傍ら、歌(演歌・民謡)も得意としており、『歌える三味線プレイヤー』をキャッチコピーに、自慢の歌声も披露している。



※このブログでは、投稿記事に対してのコメントは一切受け付けておりません。

※ご意見・ご要望などは『応援メッセージ』よりお問い合わせ下さいますよう、お願い申し上げます。


●ファンレターはこちらの宛先へ●

〒678-0011
兵庫県相生市那波野1丁目7番1号
『津軽三味線・島谷洋幸』行


応援メッセージはこちらから
過去ログ

2016年10月03日

☆三味線屋さん


アクセスありがとうございます(*μ_μ)♪


今日は兵庫県神崎郡にある

三味線工房『蘭』さんにお邪魔しました(*∩ω∩)





僕が愛用している鼈甲撥や駒など





ほとんどが工房・蘭の池田社長の手によって

作られているんですよーっ(’-’*)♪


工房を訪ねると、社長はお仕事の真っ最中で

あろうことか三味線の胴の中に

『漆 うるし』を塗られていまして...





(漆って独特の輝きがあってキレイですよね)


【社長、何やってるんすかっ(@_@;)!?】


社長いわく、胴の中に漆を塗ると

音色が良くなるんだとか...


・・・


そんなわけないやん(´・_・`)笑

と思ったのですが、これが本当の話みたいで

他の三味線屋さんでも胴の中に漆を塗る作業が

そこそこなお値段で行われているみたい...

(漆塗りって高価なイメージですもんね)


是非とも僕も試してみたいものだが

皮が張った状態では塗ることが出来ないので...





今回は断念。


次に社長が見せてくれたのは三味線本体





棹全体に模様が浮き出ていますよね?

この模様を『トチ』と言うのですが

このトチが多ければ多いほど...

良い三味線と言われています。

無論、値段もグイッと上がりますがね(^-^;





しかし良い三味線だわ~

めっちゃ欲しいけどさすがに手が出ん(._.)


【三味線くらい買ってあげるわよ♡】

てな優しいお方がおられましたら是非!!

ご連絡下さいませ♡笑

尚、この件に限っては24時間受付中でーす♡笑笑



●三味線販売 皮張替え 撥製作 修理 ...他●

『三味線工房 蘭』

兵庫県神崎郡神河町寺前206-1

TEL 050-3428-5496



ひろ☆ゆき


Posted by 島谷洋幸 at 17:13